吉祥寺食べある記

■カリカリもっちりのカヌレ「ARCACHON(アルカション)」

みなさま、カヌレなるお菓子になじみはありますか。
私は、フランスの伝統菓子で、王冠のような形で…程度の
情報しか持ち合わせてなく、あまりピンとこなかったのですが、
吉祥寺でおいしいカヌレが買えるとの情報を入手し、がぜん興味を持ちまして。
現金なものですね(笑)。

20141114_tentou

そのお店がこちら、話題のニュースポット「キラリナ」の地下にある「ARCACHON」。

保谷に本店を構えるパティスリーで、どうやらカヌレが評判らしいのです。
オーナーシェフはフランス・ボルドーで経験を積み、
その地で伝統的なカヌレの製法を学んだとのこと。
まさに本場、本物のカヌレというわけですね。
カヌレを求めて、遠くからもファンがやってくるというのですから、
これは期待が高まります。

20141114_case

お目当てのカヌレちゃんとご対面であります。
通常サイズは230円、プチサイズは130円。
毎朝、保谷の工房で焼いたものを吉祥寺に持ってきているそう。

20141114_housou

通常サイズを2個お持ち帰りして、内容をくわしくチェックです。
パッケージはこんな感じ。

20141114_setumei

「ボルドー カヌレ協会会長ピエール マルケ氏より伝授された配合・製法を
忠実に再現しました」とあります。

20141114_main

つやっとした焦げ茶色が美しい…。

20141114_temoto

サイズ感はこんなぐらい。

20141114_up

みっちり中身がつまってるから重量感あり。
いただいてみると…
なかはねっとり、もちっとした濃厚バニラカスタード味。
周りの皮は、やや固めで蜜蝋がカリカリと香ばしい~。
しっかりとした甘さは、伝統的なフランス菓子ならでは。
そして、ふわっとラム酒のいい香りが漂って…ああ、うっとり。
なんとも危険なもの(おいしくて)を知ってしまいました。

同じカスタードものでも、プリンやクリームパン、
エッグタルトなどにはない、大人感、高級感。
あまりのおいしさに、最後の方はちびちび食べてしまったほど。

購入日の翌日まで日持ちがするし、持ち運びもケーキほど気を使わないし。
甘いもの好きな方への手土産にしたら、激しく喜んでくれると思います。

今回はカヌレだけのお持ち帰りでしたが、
ほかのお菓子も相当そそるので、店頭での写真とともに一挙紹介します。

20141114_dunette

デュネット。こちらもカヌレに次ぐ「ARCACHON」のスペシャリテ。
日本では「ARCACHON」だけが作ることを許可された、
シェフのボルドーでの修行先による特許商品。
贈り物に良さそうな缶入りと、筒状のケース入りがあり。

20141114_pan

クロワッサンなどデニッシュ系のパン。

20141114_cake

生菓子。フランス菓子らしい繊細なビジュアル。

20141114_paundo

パウンドケーキ。上部のトッピングが芸術的!

武蔵野市吉祥寺南町2-1-25 キラリナB1F
TEL 0422-26-7193
10:00~21:00
定休日はキラリナに準ずる