吉祥寺食べある記

■一丁焼きの薄皮たいやき。吉祥寺「たいやき そら」

4年ほど前から、中道通りや昭和通りでたいやきの屋台を出していた
「たいやき そら」をご存じでしょうか。
パリパリの薄皮と、とろりとしたあんが評判のたいやき屋さんです。
10月30日に、満を持して吉祥寺にお店をオープンさせました。

20141209_iriguchi

井の頭通りか中道通りを、三鷹方面へ9分ほど。
井の頭通りからだったら、紀伊国屋を通り過ぎて次のブロックにあるクリーニング店を
右折、そうすると、たいやきを焼く香ばしい香りが漂ってきます。

20141209_gosyujin

こちらのたいやきは、昔ながらの技法による「一丁焼き」。
店主さんが焼いているところを見せてもらうと、専用の焼型に生地をとろり、
そこにあんこをたっぷりのせて、再び上側にも生地をとろり。

そして、カチャカチャとリズミカルに焼型を返して、
直火であっという間に焼きあげます。
いくつもの焼型を同時進行で、この作業を行います。
手を休めることなく、つねに一つ一つの焼型に気を配っているんですね。

「ほー、すごいなあー」と見とれている間にも、
「すいませーん、たいやき下さーい」とやってくるお客さんが続々。
ご近所の主婦、犬の散歩途中の方、今風男子とお客さんは様々で、
なかには「会社のみんなに配る」と20個も買っていった方も。
オープンしたてのお店とはいえ、長年吉祥寺で屋台を出していたのもあってか
すっかり地域に溶け込んでいます。

20141209_taiyaki

焼きあがったばかりのたいやき(160円)をいただきます。
浅いきつね色の香ばしそうな皮に、あんこの甘い香りがたまりません。

20141209_anko

割ってみると、瑞々しさを残したとろっとしたあんこが。
これが、こちらのたいやきの大きな特徴。
無農薬の北海道産小豆を使ったあんこを、
このやわらかさにするため絶妙に練り上げます。
固くなると食感がまるで変わってしまい、
やわらかすぎると焼型からこぼれてしまいます。

短時間で焼き上げた薄皮は、カリッと香ばしい食感。
あんこのとろりとした食感と合わさって、これはものすごくおいしい!
あんこがたっぷりだけど、甘さひかえめだからちょうどいいのです。
小豆だけでなく、小麦粉は国産小麦100%、砂糖はビートグラニュー糖と黒糖、
塩は伊豆大島の海水で作った塩と、すべての素材をきちんと選んだものを使用。

20141209_tennai

たいやきは店内で食べることもできます。
その場合はたいやきSET(540円)を注文しましょう。
たいやきに選べるドリンク付きです。

20141209_komono1

20141209_komono2

昭和レトロな感じの小物がそこここに。可愛い~。

町田、自由が丘など色々な街で屋台を出してきたそうですが、
吉祥寺のお客さんには特別なものを感じたそうです。
「街の人が人情深く、いい意味でおせっかいなんです。
この店をオープンした時も、お客さんが自らチラシを配ったりしてくれて」とご主人。

ご主人の真面目な仕事ぶり、奥様のにこやかな接客が心地よく、
応援したくなる素敵なお店「たいやき そら」。
たいやきのおいしさだけでなく、その温かな雰囲気も魅力的でした。

20141209_bento

吉祥寺の長男堂のお弁当も発見!
木・金・土・日の限定で売っているそうです。

たいやき そら
吉祥寺本町3-10-3
080-2265-1704
11:30~19:00
定休日 月曜、第2火曜&水曜
(イベント出店のため、定休日以外でも休む場合あり)