吉祥寺食べある記

■小龍

8月だというのに、今年の夏は涼しい!
だんだん暑くなってくるんでしょうかね。

060804_f524_08
さて、今回のランチ食べある記は『小龍』さんにやってまいりました。

お店の雰囲気がまさに中国。
中に入ると中国語の音楽が流れています。
やはり、雰囲気も大切ですからね。

★しろいわ★

060804_f524_01
僕はランチメニュー「黒炒飯(中国たまり正油チャーハン)\780+杏仁豆腐\200」にしました。

まさに黒炒飯!
一見、すごく味が濃そうなのですが、
意外にもサラッとしていて、どんどん食べられます。
たけのこやキュウリも入っていましたよ。
醤油のいい香りが漂います。

060804_f524_03
中華料理店には必ずあると言っても良いかと思いますが、
お店によっていろいろ違うのが、この杏仁豆腐。

ツルツルタイプから、ドロッとしたタイプまでいろいろですが、
ここ小龍の杏仁豆腐はその中間ほど。うーん、おいしい。
ランチに+200円で頂けます。

★カメ太★

060804_f524_04
僕はランチメニュー「海鮮炒麺(スープ焼そば)\830+焼小龍包2ヶ\250」にしました。

060804_f524_05
海鮮炒麺はエビのぷりぷり感とちょうど良い野菜のしゃきしゃき感が○。
味は海鮮の風味の中、自然な野菜の味が生きています。
すごくさっぱりしてヘルシーですね☆
ヘルシーすぎてものたりないと感じる方には「焼小龍包」を是非つけましょう。

060804_f524_06
この焼小龍包は蒸し小龍包と違い上海にしかない珍しい一品で、
蒸し小龍包よりひとまわり大きいです。

それではいただきます☆
焼小龍包は香醋でいただきます。

060804_f524_07
ジュワーっと中からスープが出てきます。
※うまく食べないとスープが飛び出ることがあるのでご注意ください。
香醋の甘酸っぱさと中のスープ、肉、小龍包の皮の厚さなどトータルで◎です^^
絶対に守っていただきたいのは焼きたてをいただきましょう。
温かいうちに食べないと皮にスープが吸い込まれてしまいますのでお早めに。

ランチタイムは女性のお客さんが圧倒的に多いようです。
席がいっぱいになってしまうので11:30のオープンからお早めに行かれることをオススメします。
夜も営業しているのでお酒のお供に焼小龍包はいかがですか?