吉祥寺食べある記

■ムーの子孫

今回の吉祥寺ランチ食べある記は、
月島もんじゃ『ムーの子孫』さんにお邪魔いたしました!

070208_f041_01_DSCF5620
オープンと同時に、どんどんお客様が入店して来ました。
土日などのピーク時には満席状態になるのだとか。

070208_f041_02_DSCF5629
みなさんのお目当ては、なんといってもリーズナブルで楽しいもんじゃ。
こちらでは、平日のランチにはなんと¥525で
全メニューの中からどれでもお好きなものを2品まで選べちゃうんです。
普通のグルメもんじゃの他に、ライスもんじゃ、デザートもんじゃ、
お好み焼き、鉄板焼きなどなど。

070208_f041_03_DSCF5279
私達は2人なので、メニューの中から4品選べます。
その中から今回は、グルメもんじゃの“明太子もち”と“マーボー豆腐”、
ライスもんじゃの“豚キムチチャーハン”、それに
ずっと気になっていたデザートもんじゃの“バナナ”をいただきましたよ~。

070208_f041_04_DSCF5281
はじめの一品は、店員の方に焼いてもらうことにしました。
まずはムーの子孫さんでも大人気という“明太子もち”です。

070208_f041_05_DSCF5282
鉄板を温めてから油を敷き、お餅を先に軽めに焼いて適度な大きさにカット。
その後明太子とつゆ以外の具(キャベツやもやし)を炒めて、
先ほどのお餅と一緒によく混ぜます。

070208_f041_06_DSCF5284070208_f041_07_DSCF5285
それをドーナツ型にし、中央につゆの3分の1を流し込み、ざっくりと混ぜます。
それを3回繰り返します。

070208_f041_08_DSCF5289
そこにカットした明太子を入れ、よく混ぜます。

070208_f041_09_DSCF5290
完成~!
もんじゃの焼き方ってそのお店や人によってだいぶ違いがあるそうなのですが、
ムーの子孫さんのもんじゃは、おこげを作らず、
この柔らかい状態でいただくとのこと。

それでは、いただきます~♪
070208_f041_10_DSCF5293
はふはふ…あちぃ!
お餅がとろんと溶けて、明太子がよく絡みますよぉ。
おいしいぃ~♪

070208_f041_11_DSCF5294
↑食べ出したらヘラが止まらなくなったカメ太氏。
ちょっとちょっと…大丈夫?

070208_f041_12_DSCF5297
「よぉ~し、今度は自分たちでチャレンジ!」と
カメ太氏が気合を入れて2品目を焼き始めました。
次にいただいたのは“マーボー豆腐”です。

070208_f041_13_DSCF5301
焼き方は基本的に先ほどと同じ。
お肉を焼いてその他のトマト以外の具を炒めてドーナツ型にし、つゆを入れて混ぜます。
これもやっぱり3回に分けて繰り返しましょう。

070208_f041_14_DSCF5303
最後にトマトをカットして入れ、よく混ぜます。

070208_f041_15_DSCF5305
こちらも完成~!
ちょっと熱いけど、結構簡単に出来ました。
店員の方に「焼き方、うまいですね」と言われ、ウハウハのカメ太氏です。
ピリッと辛味が効いているのに、トマトで全体的にまろやかな味に仕上がっています。
う~ん…ごはんの上にかけて食べたくなる。

070208_f041_16_DSCF5307
さてお次は、ライスもんじゃの“豚キムチチャーハン”です。
豚肉とキムチを炒めて、ごはんを投入。

070208_f041_17_DSCF5309
よ~く混ぜましょう。

070208_f041_18_DSCF5311
完成~!
…もんじゃというか、チャーハンでした(笑)。

070208_f041_19_DSCF5313
これがまた程よくパラッとして、美味しかったです。
おこげがまたたまりません~。

鉄板がだいぶ汚れてきたなぁと思ったその時、
店員の方が来て「鉄板を一度キレイにしますね♪」と
水を流してガリガリとこげを取り、きれいさっぱりふき取ってくださいました。
タイミングを見計らっていつもこうしてキレイにしているそうです。
ありがとうございます!

070208_f041_20_DSCF5315
さて…こちら、なんだか分かりますか?
そう、ご覧の通り、バナナです。+生クリームたっぷりです。
こちらがムーの子孫さんオススメの「デザートもんじゃ」!

焼き方がよく分からなかったので、こちらも店員の方にやっていただきました。
070208_f041_21_DSCF5316
まずはバターを鉄板に落とし、バナナと生クリームは鉄板の隅にいったん置いておきましょう。

070208_f041_22_DSCF5318
それ以外の具(パンケーキの素?とコーンフレーク)を一気に流し込み、
ヘラでよく混ぜていきます。

070208_f041_23_DSCF5320
それからバナナをカットし、先ほどの生地と一緒によく混ぜ合わせます。

070208_f041_24_DSCF5324
最後にお好みでメープルシロップをかけて…

完成~~~!!
070208_f041_25_DSCF5326
これが本当、驚きの美味しさ!
コーンフレークはしなしなよれよれだし、何より温かいデザートに
「ぇえ~!?」って思ってしまうのだけれど、
一口食べて、「オイシィ!」と声を揃えた二人。
鉄板に触れてよく焼けている部分がまた香ばしくて、
なんだかワッフルを食べているような感覚です。
来店されるお客様の大半がこのデザートもんじゃを食べてから帰られるそうな。
女性はきっと、喜んでパクパク食べちゃうんじゃないかなぁ~。

リーズナブル&自分たちで焼いて食べる楽しみが、
学生を中心に、若い方々から愛されているようです。
ぜひあなたも、ムーの子孫自慢のもんじゃをお試しあれ♪
070208_f041_26_DSCF5327