吉祥寺食べある記

■名画と洋食が味わえる老舗料理店『シャポールージュ』

今回のランチ食べある記は
吉祥寺でロールキャベツとババロアで有名な
『シャポールージュ』(旧店名:バンビ)のご紹介です。

f812_01
ダイヤ街を抜けて東急百貨店左側の通りを進んで
東急の建物をすぎてすぐ右手のレトロなこちらの建物がお店です。

f812_02
店内もレトロな雰囲気で、タイムスリップしてしまったかのような
昔ながらの将に「洋食店」といった感じです。

f812_10
店内のいたるところに「織田廣喜」氏の絵画が展示されているのも特徴。
「シャポールージュ」という店名は
織田氏の「赤い帽子の少女」の作品にちなんで
名付けられたようです。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらのメニューのも織田氏の絵画が描かれています。
メニューはほぼ昔のまま変わっていないそうです。

★カメ太★
僕が注文したのは定番の

f812_04
“Aコース(ロールキャベツとフランクフルトスープ煮土鍋仕立て
+ライスorパン+サラダ+デザート+珈琲or紅茶)”¥1,680

Exif_JPEG_PICTURE

トマトベースのスープの良い香りがします。
味がしっかりしみていて、スープとキャベツの相性抜群☆
付け合わせのフランクフルトは大きくて食べ応えあります。

★ツヨシ★
僕は名前からして気になる人気のこちら
f812_06
“メンチカツビクトリア風チーズ入り(カップスープ+ライスorパン付き)”¥945
“ランチセット(おいしいババロア+珈琲or紅茶)”¥450
おいしそうでしょ?

Exif_JPEG_PICTURE
熱々のメンチカツにをナイフを入れてみてびっくり
とろ~っと絵に描いたようにチーズが中から出てきました☆
外はサクサク、メンチはジューシー!
これぞ洋食の味。
歴史を感じながら大事にじっくり味わいました(^^)

食後はお待ちかねの
f812_08
“ババロア”

Exif_JPEG_PICTURE
もっちりしたババロアはふんわり甘く
甘酸っぱいオレンジのソースをかけてさっぱり風味に!
甘いものが苦手な人もきっと気に入るはずですd(^^)

「学生時代から良く行ってて、今も良く食事に行くよ。」という方も。
「街は変わっても店はそのまま。」
人々に愛されている理由は
気取らず昔から変わらぬ味というところにあるのでしょうね。

お腹も一杯になるし老舗の味がこのお値段はおいしいですね☆
また来たいと思います。
ごちそうさまでした~!

【シャポールージュ】
[住所]武蔵野市吉祥寺本町2-13-1
[TEL]0422-22-4139
[営業時間]
11:00~16:00
17:00~22:00
[定休日]年中無休