吉祥寺食べある記

■丼カフェ「ドンブリオ」8月にオープン!

8月にオープンほやほやのお店「ドンブリオ」に行ってきました。

場所は、東急裏の好立地。
駅からだと、東急の左脇の道を進み、
ドクターマーチンの角を右折してすぐです。

20110922gaikan

全面ガラス張りのファサードは、かなりオシャレ。
通りがかりでも目を引きます。

20110922sanchi

こちらでは、食材等にこだわった丼メニューがいただけます。
レジ前には、食材への特徴や産地を表示。
これは、期待が高まるってもんです。

「和のファーストフード」がコンセプトというだけあって、
まずはレジで会計して席で待つ仕組みです。
創作系の丼メニューが12種ほどで800~900円台が中心。
小丼セットは、2種の小丼を自由に組み合わせできて1050円です。

20110922naikan

まだ新しい店内は、木のいい香り!
店内で思いっきり、深呼吸したくなっちゃう(笑)。

20110922naikan2

カウンター席も、ご覧のオシャレさ。
大テーブルの上に鎮座する、オブジェがインパクト大。

20110922set

ほどなく、丼がやってきました。
私が注文したのは、小丼セット1050円。
一番人気のねぎ塩ソースの蒸し鶏丼と、
こだわり有機野菜のあんかけ丼の組み合わせ。
小鉢2種類と、味噌汁(またはデザート)付き♪
お店の雰囲気同様、食器もモダンだー。

20110922ankake

まずは、こだわり有機野菜のあんかけ丼をいただきます。
なす、かぼちゃ、ほうれん草、にんじんが入った具だくさん。
野菜は国産有機栽培のものを使用しているそう。
かぼちゃの甘味があって、女性好みの味。

20110922mushidori

こちらは、ねぎ塩ソースの蒸し鶏丼。
山形県の有機農家の平飼い鶏を蒸し上げて、
塩ソースをとろり。ねぎの風味が食欲をそそりますね。
丼の土台となるご飯がまた美味しい。
もっちりとして甘味もあって、一粒たりとも残したくない。

20110922mishoshiru

そして、味噌汁がまたいい味なのです。
なんてことないようだけど、味噌の風味が豊かで味わい深い。
そういえば、レジ前の食材表に味噌についても
「天日干しの塩を使い木樽で…」等書かれてましたね。

20110922ocha

14時まで、お茶をサービスしてくれます。
ノンカフェインの三年番茶です。
サービスのお茶といえども手抜きなしです。

20110922sweet

誘惑にあらがえず、スイーツを追加オーダー。
和テイストのスイーツ6種ほどの中から、
ゆばチョコブラウニーを選択。

20110922sweet2

おから入りのしっとりブラウニーの真ん中には、生湯葉入り!
意外すぎる組み合わせですが、違和感なく合ってますね。
ゆるめの生クリームをからめて食べるのがおいしい。

オシャレでヘルシー、落ち着けるカウンターがあるから
女子の一人ご飯にはピッタリではないでしょうか。
どのメニューも一日中頼めるから中途半端な時間のご飯にも便利だし。

テーブル席は主婦グループに良さそうです。
(バリアフリーだからお子様連れでも安心)

ドンブリオ
武蔵野市吉祥寺本町2-16-18
0422-27-2799
11:00~22:00(日曜日は~21:00)
定休日 無休