吉祥寺食べある記

■沖縄料理 島人(しまんちゅ)パート2

さて、今回の吉祥寺呑みブログは、
沖縄料理の居酒屋『島人(しまんちゅ)』さんにお邪魔しています~。
061109_f076_01_DSCF4694 061109_f076_22
さぁさぁ、階段を下りて…私、こちらは初めてです。楽しみ~♪
沖縄音楽がバックで流れ、なんだか温かくなるような雰囲気ですよ♪

061109_f076_02_DSCF4842
まずはみんなそれぞれ好きなお酒で「カンパーイ!」
“沖縄オリオンビール”(¥473)に“パインサワー”(¥410)。
私はみかんの王様!“デコポン酒”のロック(¥473)をいただきました。
結構クラッとくるくらい強かったような。
※あまりお酒強くない私の基準で申し訳ありませんが(苦笑)。

061109_f076_03_DSCF4841
こちら、与那国島の端泉古酒(クース)¥735。
カメを使用した貯蔵で長期熟成した泡盛ということもありコクと香りが高いです。
きっと壺で寝かせればさらに熟成がすすみおいしくなるのでしょうね☆

さて、お料理の登場です。
今回は店員さんのオススメと、
「これぞ沖縄!?」というものを中心にいただきましたよ~!
しかも、お店のメニューの紹介文付きでお届けします。

061109_f076_04_DSCF4831
沖縄といったらやっぱりこれ、“海ぶどう”(¥662)です。
≪メニュー紹介≫
正式名称・クビレヅタ。「海の宝石」とも呼ばれ、ミネラル豊富な海藻の一種です。
特に綺麗な海水でしか育ちません。(三杯酢・青じそ・わさび醤油のいづれかで)
だそうな。
ん~、このプチプチ食感がたまりません!
ついついお箸も進んでしまいます。

061109_f076_05_DSCF4839
こちらはコラーゲンたっぷりの“足テビチ(煮込んだ豚足)”¥809。
店員さんいわく「普通はボイルだけど、うちは煮込んでいるのが特徴」とのこと。
その煮込みの所為でしょうか。
プルップルのやわらか~いお肉が、お箸で簡単に骨から剥がれていきます。
そして…スープがまたウマイ!!
ホット一息~♪これからの寒い季節にはピッタリの一品。

061109_f076_06_DSCF4833
色鮮やかな“タコライス”(¥819)です。
勢いよく混ぜていただきましょー!
061109_f076_07_DSCF4836
≪メニュー紹介≫
タコスの具材をご飯に乗せた沖縄米軍のアイデア料理。
上等!いっぺー、まーさんどー♪(=とっても、美味しいよ~♪)
とろけるチーズがご飯と絡まって…う~ん、オイシィ。
トマトの味がしっかりとします。

061109_f076_08_DSCF4843
揚げものきました!こちらは“グルクン唐揚げ”¥819。
≪メニュー紹介≫
沖縄の県魚グルクン(タカサゴ)を丸ごと揚げた物。背骨以外は全部食べられるよぉ。
と、言われると、
よけい背骨も食べてみたくなるのが人間であって…
レッツイート背骨です↓
061109_f076_09_DSCF4851
…カリカリ!なんかお煎餅食べてるみたい!全然背骨も食べれるよ~?
身の方も、香ばしくてサックリです。
添えてあるしし唐もウマイ!とがっついてる人も1名いました。

061109_f076_10_DSCF4846
みんな、食べるのに夢中(笑)。

061109_f076_23
きましたきました、これぞ沖縄!“ゴーヤチャンプル”¥680。
大きめカットのお豆腐とゴーヤがまた美味しい~☆
まさに本場の味!ぜひこの味を味わってください!

もう一品揚げものきました。
061109_f076_11_DSCF4864
“紅芋コロッケと田芋コロッケ”(¥473)です。
≪メニュー紹介≫
沖縄産の紅芋と、田芋(ターンム)のコロッケです。紅芋と田芋の2種盛りもOKです!
ということで、2種類を1個ずつ注文しました。
061109_f076_12_DSCF4866
見てくださいー、紅芋コロッケは、当たり前だけどやっぱり紫色!
田芋コロッケは、見た目と食感は里芋だけど、味は薩摩芋といった感じ。
両コロッケ、今回のメニューの中でも特に私たちの中で好評でした。
甘味があってホカホカサックリ♪
ちょっと他では味わえないコロッケです。

「そろそろ沖縄の珍味食べてみたくない?」ということで…
061109_f076_13_DSCF4859
“沖縄の珍味4種乗せ豆腐”¥735。
≪メニュー紹介≫
ワタ=鰹の酒盗(上)/デク=島ダコ(下)/スク=アイゴの稚魚(左)/イチャ=イカ墨(右)
ふむふむ、では、恐るおそる…いただきます!!
061109_f076_14_DSCF4865
…たしかにこれは独特の味。
どれも塩辛のような塩っ辛さがあるのですが、それぞれが異なった辛さ。
お豆腐と一緒に食べることでバランスが調和されます。
お酒のつまみにはぴったりの一品。
島人さんへ来たら、ぜひ味わって欲しいですねーぇ。

061109_f076_15_DSCF4855
この一見あやし~い物体…ご存知の方もいらっしゃると思います。
こちらは“豆腐容(トーフヨー)”¥399。
≪メニュー紹介≫
島豆腐を、泡盛と紅麹(べにこうじ)に漬け込んで発酵させた物。
かつて、琉球王朝で最も重宝されていた一品!※間違っても、一口で食べないでねぇ!
なんだか最後の一言が気になるけど…まぁいいや、ちょこっと食べてみます!

「…ぁあ―――――ぁ」(ウンウンとうなずく)

不思議とみんな同じリアクション。
まだ食べたことが無い方は、ぜひ一度お試しあれ!

そろそろお腹も心もシメ待ち!
061109_f076_16_DSCF4871
こちらも沖縄の定番“ソーキすば”¥609。
沖縄ソバと紅生姜の辛さがどこか懐かしい味。
見た目よりさっぱりしていて、ぺロリといけちゃう!?
ラフテーはジューシー♪

061109_f076_17_DSCF4873
こちらは“沖縄焼きソバ”¥714。
ケチャップか塩が選べますが、今回は塩を選択。
野菜がたっくさん入ってますね~!
麺はソーキすばと同じ沖縄ソバを使用。
こちらもさっぱりしていて、美味しかった♪

061109_f076_18_DSCF4867

061109_f076_19_DSCF4869
もっとさっぱりとしたシメをいただきたいという方は、
“梅茶漬け”(上・¥441)や“海鮮茶漬け”(下・¥609)もありますよ~。

最後はやっぱり、デザートでしょ☆
かなりたくさんいただいちゃいましたが、甘いものはなんとやらです。

061109_f076_20_DSCF4877手前は“島人プリン”¥368。
奥2品は“沖縄フルーツのシャーベット”で、左がアセロラ、右がシークヮーサー(各¥368)。
こちらのシャーベット、食感がまるでトルコアイスのようにちょっととろみがあるんです。
甘酸っぱいので最後のデザートにはぴったりかも。
061109_f076_21_DSCF4880
こちら、“さつま芋スティックの紅芋アイス添え”¥504。
このスティックの中にさつま芋が入っていて、紅芋のアイスをつけていただきます。
紅芋の味がしっかりしていて、あたたかいさつま芋スティックと合わせていただくと
より芋らしさがでておいしいです。

はぁ~、いっぱいいただいちゃいました~!
こんなに食べて、4人で¥13,000ちょっと。大満足です。

実は前回、別のグータイム班が島人さんにお邪魔しております。
そちらも是非ご覧ください♪

ごちそーさま~♪